あるるの独り言

好きなものをまったりと

私とAqours

大学も春休みということもあり、あまり早い時間に寝られないのでAqoursと自分の出会いを少しお話したいと思います。

 

 

サンシャインのアニメの一期が放送されている時、私は大学受験の真っ最中でした。

その時はあまり深く本編を見ていなかったのですがアニメとして面白いと思っていたのもあって、受験の際の少しの楽しみとして兄がBDを買ってくれていたのですが、私はキャストにあまり興味がなく、1stの申し込みもとりあえず応募しておくか、といった具合でした。

結果1stは両日ともに外れたのですがその時はあまり悔しいといった気持ちが無かったんですよね。

当時はそのくらいAqoursへの気持ちは弱かったんです。

 

 

そして、大学受験の方はというと、第一志望の大学には落ちてしまいました。

自分なりには勉強したつもりでしたし、正直言えば多分受かるだろうとどこかで思っていたんですよね。

そんな結果は認めたくは無かったのですが、何度自分の受験番号を打ち込んでも結果は不合格のままでした。

そんな甘い気持ちで受かるわけはないと言われれば反論の余地は無いですが、当時は何もする気が起きないほど落ち込んでしまいました。

 

振り返ってみればそれまで私が生きてきた中で特別できなかったことってなかったんですよね。勉強も運動もある程度出来ましたし、友達も多いとは言えませんが程々にいます。ある意味人生で初めて味わった挫折でした。

 

全ての大学の合否が出たのが2月の中旬頃、受かった大学の入学締め切りが2月いっぱいだったので親に数日考えさせてほしいとお願いしました。

浪人なのか、それとも受かった大学に進むのか。

 

そんな中で友達に1stのLVに行かないかと誘われたんです。

当時は私自身LVというものを知らなかったですし、失礼を言えば4000円出して生中継を見てもな、といった気持ちでした。

そして人生初のLVが1st 2日目だったんです。

 

歓声とともにスクリーンに浮かびあがる9人の影。

『見たことない夢の軌道追いかけて』

あのopで見た景色がそのまま目の前に現れている。

これがライブなんだ、これがラブライブなんだと感じたのを覚えています。

 

 

そしてあの曲、想いよひとつになれです。

 

始まってすぐに聞こえたピアノの外れた音。

ピアノの伴奏が無くなり、間もなく曲が止まりました。

1万人の観客で埋め尽くされているはずの会場には静寂が流れ、聞こえるのは一人の女性の泣きじゃくる声だけ。

まるで時が止まったかのように長い時間が過ぎていくように感じました。

そして桜色に染まる会場。

スクリーン越しで届くはずは無いのに私も必死で彼女の名前を叫んでいました。

 

そして曲が再開されましたが私の中ではまた失敗してしまうのではないかといった不安が過っていました。

一度犯してしまった失敗は失敗しないようにと思えば思うほど、その願いは呪いのように体に纏わりつき何度も失敗を繰り返してしまうんですよね。

自分が楽器をやっているからこそ分かる不安でした。

今度失敗したらこの曲は出来ないかもしれない、もっと言えば彼女の中でトラウマとなり二度と観客の前に姿を見せられないかもしれない。

そんな失敗を覆すように彼女は演奏しきりました。

震える指で押した、最後の鍵盤。

あの光景は今でも鮮明におぼえています。

 

そして、ライブが終わって家に帰り、自分の気持ちにけりが付きました。

 

浪人はせず受かった大学に進もうと。

清流じゃなくても魚は泳げる。

彼女たちのようにステージの上で輝くことは出来なくても、どんな場所だろうと自分だけの輝きは手に入れられると確信できました。

何処にいようが自分次第で全ては変えられる、そんな気がしたんです。

 

 

 

 そして、私にはなりたい夢があります。

それは日々生活している中でその人たちが活躍していることを理解できる人はごく少数な職業です。

だけどその人たちがいなければ世界は回らない。そんな縁の下の力持ちに私はなりたいんです。✈️🔩

その夢が叶ったら一人一人に手紙を出したいと思います。

私の人生を変えてくれて、私を救ってくれた18人に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のなまら旨イモノズ

札幌ファンミお疲れさまでした!

僕は9日の夜の講演を現地で見させていただきましたのですが、クリスマス前ということもあり、ジングルベルの衣装でのライブとなりましたね。

まさかあの衣装を生で見ることが出来るとは全く想像していなかったので、うれしい限りです!

ファンミはLV含めて初めてだったのですが本当に楽しかったです!

 

 

そんなわけで今回は、僕が札幌ファンミの間に食べ歩いたお店を紹介したいと思います。かなり唐突ですがお許しくださいww

 

まず初めは狸小路商店街の中にある『喜来登』さんです!

f:id:midexpre:20171211014656j:plain

 

まず箸を割る前に写真を撮れって話ですねw 

そもそも写真を載せるとは思っていなかったんで許してくださいw

 

味の方はこの大量にのっかったネギが良いアクセントになっていますね。

スープ自体の味が濃く、太麺にしっかり絡んでいるので、ネギが入ることによってさっぱりと食べることが出来ます。

何も考えず大盛りを頼んでしまい、いざ目の前に来ると『食べきれるかな…』と思ったのですが、予想以上にスルスル喉を通っていって、すぐに完食してしまいました笑

写真だと見ずらいのですが、チャーシューがめちゃくちゃデカいです笑 普通のラーメンに入ってるやつの2倍くらいありますw

大盛りで900円だったのですが、かなりのボリュームで大満足でした!

 

次はすすきのの路地から裏に入ったところにあるレトロカフェ『カフェランバン』さんですね。

札幌二日目の講演はチケットがご用意されなかった故、物販だけ行こうと思っていたので、その前に腹ごしらえということで寄らせていただきました。

まあこのせいで整理券がもらえずブロマイド買えなかったんですがw

 

ここでいただいたのがモーニングセットです!

f:id:midexpre:20171211020809j:plain

 

ここの厚切りトーストなんですが、めっちゃ旨いです!!

バターの塗ってある表面はカリカリ、中の生地はもっちりジューシで何枚でも食べれちゃいそうなくらい美味しいんですよね、正直3枚くらいお代わりしたかったです笑

あと、このゆでたまごが美味しいんですよね。

僕は固ゆでのたまごの黄身が苦手なので(共感してくれる人いるかな?笑)、いつも食べる時は半熟か温泉たまごしか食べないんですが、ここのを食べてびっくりしました。

たまごが違うんですかね?

たまごそのものの味が濃厚で、たまごの黄身特有の匂いが無く、苦手な僕でも素直に美味しいといえるものでした。

是非、たまごが苦手な方に食べて頂きたいです!

あとコーヒーは薄目で少し酸味があって、朝にもってこいって感じでした笑

 

次はファンミの連番者の方の知り合い(遠い)の方に連れていってもらったお店です。

えびそば 一幻 総本店

f:id:midexpre:20171211022612j:plain

 

本当は別のお店に連れていってもらう予定だったのですが、まさかの開店時間が17時からというファンミ潰しの時間だったため急きょ20分近く雪道を歩き連れて行っていただいたお店です笑

正直に言うと、人生で食べたラーメンで断トツの美味しさでした!!!!

1回、麺をすするとエビの香ばしい香りが脳を支配して止まらないんですよ笑

 

いやー伝わって欲しい笑

 

4連番で食べてたんですけど、並んでた時は普通に話してたのに、食べ始めてから終始無言だったんですよねw ほんと

f:id:midexpre:20171211025118j:plain

そのくらい美味しかったです!!

新宿や八重洲に分店があるらしいので、興味のある方はぜひ行ってみてください!

 

余談なんですけど、並んでる時に店内にMY舞☆TONIGHTが流れてて、皆でコールし始めてめっちゃ笑ってましたw

 

そして最後のお店が『ミルク村』さんです!

 

f:id:midexpre:20171211025330j:plain

入り口の雰囲気がすでにファンタジーで、奥に何かを調合してる魔女が見えそうですよね(見えない)笑 

そして、入口もちゃんとクリスマスっぽくなってたんですね笑 ブログ書く時まで全然気づきませんでしたw

f:id:midexpre:20171211025126j:plain

お店の中も装飾がかなり凝っていて、森系のファンタジーなものが好きな人はこの雰囲気を楽しむだけでも来る価値があると思います。メイプルストーリーのエリニアみたいな感じですかね笑(誰か分かってくれw)

 

f:id:midexpre:20171211025118j:plain

このお店は、店自慢のアイスクリームにお好みのリキュールをかけて頂ける、大人のアイスクリーム屋さんですね。

僕はAセットという、リキュール2種、(パイ、ヨーグルト、キヌアのラム酒漬け)の付け合わせ、コーヒーのセットをいただきました!

 

お好みでリキュールを選べるのですが、100種類以上あるので正直選べないですw

素直に店員の魔女(笑)にお聞きするのが吉ですねw

僕は30年物のブランデーにグレナデンリキュールを選びました!

 

正直、アイスにお酒が合うのかと疑心暗鬼だったのですが、食べてびっくり、これがべらぼーに合うんですよw

もし、気軽に食べたければ、スーパーカップにウイスキーかければそれっぽくなるらしいですので是非お試しください笑

 

そして私が行ったときは丁度お店がすいてる時だったので、コーヒーリキュールをサービスしていただきました。

忙しい時は頂けないみたいなので空いてる時間に行くことをお勧めします!

比較的夜は混むみたいですね、飲んだ後の甘いものとして最適ですからね。

 

 

 

はい、ということで今回は食べ物についてでした笑

あいにく、考察をかけるほどの脳みそも文章力も持ち合わせてはいないのでこのくらいが丁度良いですねw

ブログの敷居を下げて頂いたあの方にはすごく感謝しています!

興味が出たら是非行ってみてください!

最後までお付き合い頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

Aqoursという旅

こんにちは。あるるです。

今回は少しだけ『旅』というキーワードをリンクさせてブログを書いてみようと思います。今回が初ブログということもあり拙い文章が目立つと思いますが、読んでいただけたら幸いです。

 

旅とは

まず、旅とは何か。いざ問われると答えるのが難しい質問だと思います。

私は、数ある定義の中で、(旅とは途上にあるとこ)、というのが最も的を得ていると思います。

つまりは旅は人生のようであるといった考え方です。

旅には人生と同じように始まりと終わりがある、だからこそ、その過程である旅を作るという行為に意味が生まれる。

これは限られた時間の中でこそ意味を持つ、スクールアイドルという存在と一致しているのではないかと考えました。

 

Aqoursの旅

人が旅に出る目的は色々あります。

遠く離れた友人に逢いに行く。テレビでしか見たことのない景色を見に行く。

皆それぞれの夢を持ち、それを具現化し、実現する。そのような過程を経て、人は旅を作っていくのです。

もちろん、人によって旅の作り方は異なります。だからこそ、同じ夢を抱いていたとしても全く違った旅になるのだと思います。

 

µ’sと同じように輝きたいという夢を抱き、スクールアイドルを始めた千歌。

Aqoursとして活動していく中、12話で千歌がある言葉を発します。

『追いかけちゃダメなんだよ。µ'sも、ラブライブも、輝きも』

ここで千歌は気づいたのだと思います。

µ'sと同じ旅をしようとしても、それは同じ旅にはならないことを。

 

しかし、『µ’sのように輝きたい』という夢を具現化していく過程で、つまりは『夢見た旅』を現実のものとしていく過程において、Aqoursは意図せずとも、『Aqoursの旅』を作っていくことになったのだと思います。

だからこそ、千歌がµ’sの背中を追おうとしたことは間違いでは無かったのだと思います。

 

HAPPY PARTY TRAIN

旅の移動手段として良く利用される鉄道。

これは時に運命の象徴として使われることがあります。

乗車することは自分の意志で決めることが出来ますが、乗ったら最後、目的地に着くまでは降りることの出来ないものです。

HPTの楽曲においてもこの考え方は受け継がれていると思います。しかし、彼女らはこのことをかなり楽観的に捉えているんですよね。

 

旅に終わりがあるように、鉄道にも終点という終わりがあります。

終わりがあるからこそ、今というかけがえのない時間を楽しむことが出来る。終わるという事実は変えることの出来ないこと。しかし、抗うことの出来ない運命すらも楽しんでしまえば、その運命すらも乗りこなすことが出来るという考え方。

このことが千歌が2期7話において手に入れた考え方に通じてるのだと思います。

 

おまけ

旅って楽しいですよね。

修学旅行だったり、一人旅や友達となど様々な旅があると思います。

目的も色々ありますよね。

行きたい温泉があるとか、泊まってみたい旅館があるとか。

もちろん、一番印象に残るのは旅の本来の目的であることが多いでしょう。

 

しかし、旅が終わって家に帰ってきて思い出すのって意外なことなんですよね。

 

何気なく見えた列車からの車窓であったり、普段なら気にも留めないような、道の交通標識だったり。誰も買わなそうな道沿いの自販機で缶コーヒーを買ったことだったり。

 

そんな下らないことすらも綺麗な思い出の1ページとして心に残ってしまう。

 

それが旅なんですよね。

 

Aqoursとして活動することは千歌たち及びキャストの皆が輝くために必要なことであるし、それが『Aqours』の旅を作ることにおいて最も重要なことでしょう。

しかし、Aqoursの旅が終わった時に思い出されるのは、気にも留めないような何気ない日常の一瞬であることを少しだけ心にしまっておいてくれると嬉しいなと思います。

 

 

まとめ

いやーブログって難しいですね笑

本当の自分を偽って難しい言葉を並べようとしても、すぐボロが出ちゃいますね笑

下手に飾らず自分をさらけ出したほうが良いのかもしれませんね。

でも、自分がサンシャインを見る中で1期1話からずっと思っていたことは『おまけ』の部分で書けたと思います。

かなり感情的に書いてしまったので元々の文章能力の無さも相まってかなりヤバいことになっていたと思いますw

何はともあれ、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして

はじめまして、「ある」と申します。

私が今回、ブログを書くに至ったのは、日ごろアニメを見る中で考えたこと、思ったことを皆様と共有する場が欲しいと考えたからです。

私は特にラブライブ!サンシャイン!!という作品が好きなのですが、本編や楽曲の考察やライブの感想をブログにまとめている方々を見て、私も自分自身の考えを発信して、色々な方々と意見を交換していきたいと思いました。

私自身、文章を書くのは初めてで、文章の拙さなどがあるとは思いますが、見て頂けると嬉しいです。