あるるの独り言

好きなものをまったりと

Aqoursという名

Aqours 3rdライブまであと一週間を過ぎましたね。一週間後の自分があの場にいるなんて想像も出来ないのが正直なところです。

てなわけで心を落ち着かせるために少し雑談をしたいと思います。

 

 

皆さんはAqoursの名前の由来はすでにご存じだと思います。「水」を意味する「Aqua」と「私たちのもの」を意味する「ours」が出会いできた、とても素敵な名前です。今回はその中でも「Aqua」という言葉について書いていこうと思います。

少しの間お付き合い頂けると嬉しいです。

 

・Aquaの由来

元々「Aqua」は水を意味するラテン語であり、同じく水を意味するサンスクリット語の「Arghya」(閼伽)[あか]と同語源であるとされています。辞書にはこのように書かれていますが、本来の「Arghya」は水ではなく「貴重な・価値のある」という意味を持つ言葉でした。その後、水という意味に変わっていくのですから、本来は同語源ではないのかもしれません。しかし後に閼伽は水の意味として使われるようになったのですから不思議な偶然です。

私は単なるこの偶然にAqoursの姿が重なるように思えます。

 

限られた時間の中で価値ある輝きを求めて駆け抜けて行くスクールアイドル。そして、旧Aqoursと新Aqours、二つの思いが重なり唯一の意味を作っていく。そんなAquaという言葉すらもAqoursの物語の一部のように感じられるんです。

 

Aqoursの広がり

AqoursはファンミーティングやLAでのライブなど、数多くの海外公演を行っています。その影響もあり外国の人々にもAqoursが受け入れられているように感じますが、ここまですんなり受け入れられるのにも、語源からある理由があるのではと思います。

 

 閼伽という言葉は、インドから中国を経て日本に入り、古く平安時代源氏物語徒然草にも登場します。

またAquaは広くヨーロッパにも広がり、イタリア語で「アクア」、ギリシャ語で「アクア」、スペイン語で「アグア」と同じ語源によっており、現在でも広く世界中で使用されています。もちろん日本でもアクアという言葉は日常生活で度々見かけます。

この様に昔から世界中で自然に使われ続けた言葉だからこそ、Aqoursという名前は人々の心にすんなり受け入れられたのではと思います。

 

 

 

そんなわけでAqoursもといAquaという言葉への雑談でした。

こんなのこじつけだと言われればこじつけ以外のなにものでもないのですが、意味を見い出すことが楽しかったりするんですよね。

梨子ちゃんもこの世界に偶然ってないのかもって言ってましたし笑

 

ではでは、短い間でしたが読んで頂き本当にありがとうございましたm(_)m