あるるの独り言

好きなものをまったりと

世界で一番好きな時間

旅行とかでたまに田舎に行くと時間の流れる早さが違うことにびっくりします。

私は生まれてからずっと東京の下町に住んでいるので感じやすいのかもしれませんが、東京で普段暮らしている時の1時間はあっという間に過ぎてしまうのに、田舎の1時間てすごく長く感じるんですよね。

勿論、初めて行った土地ゆえ刺激をより多く感じているからというのもあると思うのですが、親の実家の様に何度も訪れた土地であっても田舎というのは時間の流れがゆっくりに感じるのが不思議なところです。

 

初めて内浦に一人旅をした時もその感覚は強かったのですが、自分の人生の中で最もゆっくりと流れた時間は修学旅行で訪れた沖縄での日々だったと思います。

 

都立の高校に通っていたので修学旅行は毎年沖縄だったのですが、私の年だけは例年のホテルでの宿泊とは異なり離島での民泊だったんですよね。

 

民泊というと聞き馴染みが無いかもしれませんが、島全体が生徒たちを受け入れる体制を取っており、4.5人の班で各家家にホームステイさせて頂くといった感じでした。

 

 

私の班がお世話になったのは一人暮らしのおばあの家でした。

 

いわゆる田舎の祖父母の家のようなものを想像していたのですが、実際にあったのは新築の平屋建ての一軒家でとても驚いた記憶があります。

 

一人で暮らすには大きすぎる家だったのでおばあに尋ねたところ、数年前に旦那さんが亡くなり孫もいなかったので思い切って子供たちを受け入れる為に建て直したということ教えてもらいました。

 

釣りに乗馬、牛の世話や米軍基地の見学。今までに無い経験をたくさんさせて貰った中で、私が一番好きだった時間は島に泊まって2日目のおばあの家で過ごした時間でした。  

 

お昼を食べて班の友達が皆昼寝をしている時。家の軒先に座り、快晴の空の下で庭のハイビスカスと石垣を見ながら音楽を聴いていたあの時間は世界で一番ゆっくりと流れた時間だったように感じます。

 

 

勿論、良いことだけではなく最終日にはおばあにたくさんのことを話して貰えました。

先の戦争の事や今の沖縄の現状の事。未来の事。

色々な考え方が対立を生んできた。それによって争いが起こったことも知っている。

だからこそ私はあの青い空がずっと続いて欲しいと願うのかもしれません。

 

 

 

 

 

あれ以来沖縄には行っていませんが、何故かテレビを観ていると時よりあの島での暮らしを思い出すのです。

 

 

 

何でテレビを観ると思い出すのかって?

 

 

だって度々ニュースや番組で特集される美ら海水族館

そこから見える島こそ、私が世界で一番好きな時間を過ごした伊江島なのですから。

f:id:midexpre:20180817041124j:plain